初めての無料ホームページ制作

本格派の基礎知識、HTMLについて

ホームページ,無料,マークアップ言語,HTML,インターネット

初心者がホームページを作ろうと考えたら、まずは「少し暗い手間がかかってもいいから無料で作成したい」のか、「有料でもいいからキレイな仕上がりを求めたい」のかをはっきりさせる必要があります。

 

無料で作成したいというのであれば、各ソフトの使い方を自分でマスターしたり、サーバーへのアップロードの方法やHTMLの基礎的な知識くらいは身に付けたいところなのですが、これらはとても大変で相当大変な思い出勉強する必要があります。
特にサーバーとHTMLの知識は必須です。

 

そこで、今回はこのうちの「HTML」について説明していきたいと思いますので、おおまかな説明にはなりますがホームページを無料作成する際の参考にしてみてくださいね。

 

インターネット上ではよく目にする「HTML」ですが、正式名称は「HyperTextMarkupLanguage」となっています。
「ハイパーテキストマークアップ言語」という意味で、名前の通りHTMLとは「マークアップ言語」のひとつであることがこれでまず分かりましたね。

 

ではマークアップ言語は何なのだ、というところ。
マークアップ言語とはたとえば何か文章を作成するとなったときに、その文章の構造をこちらもインターネットではよく聞く「タグ」という要素でマーク付けしていくのですが、この文章構造を定義するための言語のことを指しています。

 

言葉だけで説明していても「何のことやら…」と頭を抱えてしまいたくなるくらい判り難いもので、少し混乱してしまうかもしれませんね。
とりあえずは「現在のインターネット上で観覧できるホームページのためのファイル」という風に認識しておけば良いと思います。

 

ワープロソフトが他にも複数存在しているのにこういったHTMLといった要素が存在している理由としては、インターネットに接続されているコンピューターはひとつの会社のひとつの製品だけではないから。

 

デバイスによって観覧できなくなる、ということがあっては困りますから、そうならないための新しい規格というのがこの「HTML」なんですね。
HTMLによって、同じページをいろいろなデバイスで観覧できるようになるのです。

 

ここまでが簡単な説明になりますが、これは本当に外枠の部分の話。
もっともっと深いところまで知識をつけた上でホームページを作成していけば、自分だけのオリジナルのページを楽しむことが出来ます。
まずは基礎知識をしっかりとつけていきましょうね。