初めての無料ホームページ制作

ウェブサイトビルダー2強を特徴毎に比較

ホームページ,無料,比較,コンテンツ追加,アプリマーケット

今では無料でホームページを作成できるウェブサイトビルダーが多数ありますが、あまりにたくさんありすぎて選べないと言う方もいらっしゃるかもしれません。
初めて利用するという場合はどんなものに関しても大手のものや有名なもの、利用者の多いものをチョイスすることがオススメです。

 

そこで、2大無料ウェブサイトビルダーである「Jimdo」と「WIX」を比較して、どちらがよりオススメ出来るツールかを見ていきたいと思います。
この2つのツールの共通点としてはどちらも「特別な知識がなくても簡単にホームページを作れる」というのが売りであることですね。

 

では、比較していきますね。
デザイン性とカスタマイズ性に関してはWIXの方が優れていて、Jimdoのテンプレートは「Jimdo」という固定的なイメージの強い仕上がりになってしまいます。
WIXのテンプレートはデザイン性の高さが嬉しいですね。

 

ハイクオリティなホームページデザインを求める方、プロのような仕上がりのホームページにしたいとかんがえる方にはWIXが向いているかもしれません。

 

カスタマイズ性に関してもWIXはアプリマーケットがありますので、ただホームページを作成するだけではなく「フォームを埋め込みたいな」と考えた時や「インスタグラムのフィードも表示したい」と考えた時にも活用できます。

 

逆にJimdoはWIXと比べて拡張性とスマートフォンへの対応で評価が高く、WIXもスマートフォン対応が強化されてはいるものの、やはりJimdoの方がグレードは上。
スマートフォンでWIX作成のホームページを見るとテキストが読みにくい、といったこともまだ多いようです。

 

なので、テキストを多く表示するようなホームページであったり、可読性を大切にしたいのであればWIXよりもJimdoをチョイスすることをオススメします。

 

また、Jimdoはサイドバーの拡張性が高く、コンテンツ追加に困りません。
ただどうしてもコンテンツが増えれば増えただけ視認性は低くなってしまいますので、加減は必要だという風に覚えておいてください。

 

いかがでしょうか、このようにどちらも無料でありサービス性はかなり高いのですが、ちょっとした違いがあるものなのです。

 

全世界のユーザーの規模で言えばJimdoが800万ページほどで、WIXは2900万ページということでWIXが大きく上回っています。
これらを参考に、自分に合ったツールを選んでみてくださいね。