無線機ホームページのリニューアルの紹介

無線機のホームページの紹介

イメージ

今回は無線機販売のホームページの事例を紹介します。

リニューアルの背景

業務拡大のためのリニューアル

ホームページのターゲット

無線機を探す人は法人と個人に分かれる。個人だとアマチュア無線機を探しているケースが多く対象外、あくまでも法人で業務用に無線機を探している層がターゲット。業種でいうと、警備業、物流、小売、建設、飲食、イベント、学校など

他社との差別化の工夫

他社との差別化についてはとかく製品案内にならないようにしました。他社の無線機紹介のページを見ると、商品カタログ的なページが多いのが目立ちます。もちろん製品単独の機能や使い方は必要ですが、何より大切なことはユーザーが抱える問題に関してその無線機がどのように解決するかというとことです。この点に関してはトップページからバナーを使い他社との違いという点で訴求しました。

製品分類をして明確にユーザーが無線機を探しやすいようにする。

無線機の種類が豊富にあるため、今迄のホームページだとユーザーが商品を探しにくいのが難点でした。そのため扱う商品の分類を明確にしたりユーザーが自分の目的で製品を探せるように分類しました。

 

メーカー別分類:スタンダード無線機、モトローラ無線機、ケンウッド無線機、エムシーアクセス無線機

 

距離別分類:遠距離、中距離、近距離

 

種別:簡易無線、簡易業務用無線機(免許申請必要)簡易無線機(登録局)特定小電力トランシーバー(免許申請不要)、多人数同時通話型(免許申請不要)

 

業種別:警備、倉庫物流、運送、工事建設、イベント、学校、小売飲食、学校、等