初めての無料ホームページ制作

本格的な作業の前に必要となる準備

ホームページ,無料,工程,サイトマップ,コンテンツ

ウェブサイトビルダーは、誰でも簡単にホームページを作成できてしまうとても便利なツールなのですが、そのウェブサイトビルダーが担うのはデザインやコーティング、そしてアップロードから公開といった、ホームページ作成の流れとしては本当に最後の大詰めのような部分になります。

 

では、ウェブサイトビルダーが担うよりも前にはどのような作業があるのでしょう?
お金を掛けずに自力でホームページを作ろうと考えた時に、必要になる準備や全体の流れを簡単に見ていきましょう。

 

大体の流れとしては企画→サイトマップ→ワイヤーフレーム→原稿の作成、そしてここからが上にも書いたようにウェブサイトビルダーで行うデザインやコーティング…といった作業になります。

 

どのくらいの規模のホームページを作成するのか、などにもよってこれらの作業は多少前後しますが、おおまかにはこのようになるのだという風に考えるといいですね。
では、それぞれの工程について簡単に説明していきます。

 

まずは企画ですが、何事もこの企画する、ということから始まりますよね。
どのようなホームページにしたいのか、というアイデアを出しながら計画を練っていく段階ですが、デザインの方向性や必要となるページ数、内容やどんな人をターゲットにしたいのかなどを決めていきます。

 

サイトマップとはホームページの全体的な構成図のことで、企画で考えた「トップページ」を中心に捉え、コンテンツを配置していく作業です。
ホームページを訪れた人はどのような導線でホームページ内を観覧するのか、ということを意識しながらこの作業は進めるといいですよ。

 

そして、ワイヤーフレームとは、ページ単位のより細かい設計図を作成すること。
ウェブサイトビルダーを利用する場合はテンプレートを使用できますから、そのデザインを活かしながら差し替える文章、または画像などを考えていきましょう。
そのページを訪れた人に何を伝えたいのか、それが伝わりやすい作りを心掛けましょう。

 

最後が原稿の作成で、ワイヤーフレームの配置図を見ながら、必要になる文章や画像を原稿として用意したらあとは実際にデザインにとりかかるだけ。
ここからはウェブサイトビルダーのちからを借りながらサクサクと進めていけるようになりますので、ここまでの工程はしっかりと行っておきたいものですね。

 

ちょっとだけ手間にも感じますが、自分だけの素晴らしいホームページを作るためには必要な作業なのです。