住所貸機能だけでないバーチャルオフィスの機能

住所貸機能だけでないバーチャルオフィスの機能

イメージ

バーチャルオフィスって単なる住所貸しというイメージしか持たない方もいますが活用方法はいろいろです。今回は様々シチュエーションを想定してバーチャルオフィスの活用方法について
説明していきたいと思います。


1女性のプライバシーポリシーを守る

副業

 

最近では女性起業家が増えていると聞きます。またメルカリやヤフオクでの転売などの副業で成功している女性も多いと聞きます。最近ではストーカー犯罪なで新聞やニュースで騒がれているように物騒な世の中なので特に女性の方はあまり自分の個人情報を世間にさらさないことがいいのではないでしょうか?。そんな女性の悩みを解決するのがバーチャルオフィスや私書箱といった存在。バーチャルオフィスの住所があれば、少なくても自分の実際に住んでいる住所は明かさなくて済むのでプライバシー保護の観点から非常に有効です


2営業基地として

副業

バーチャルオフィスの中には、単に住所だけでなく時間貸しで作業場所を提供するところもあるのが
珍しくありません。例えば都内に営業に行った場合など、何件かアポをとった場合、アポとアポの合間に
仕事をする場所として、そういった、時間貸しスペースが便利です。また重要な商談を迎えるにあたり
何より準備が必要なので、バーチャルオフィスのスペースでアポイント前の綿密な準備をするこも
でき、商談の成功率があがります。


3会議室などの活用

画像

 

やはり仕事をしていれば必ず打ち合わせというものは付き物。こちらから出向く場合もあれば
お客様によってはどうしてもお宅の会社を見てみたいということで、わざわざ来社いただけるお客さんも
います。たいていのバーチャルオフィスが郵便物の転送機能以外に会議室などのスペースも提供しているので
そんな時はバーチャルオフィスの会議室を借りるのが一番。
都内の貸し会議室を時間貸しで借りるより低価格で貸してもらえます。
また名刺記載の住所で打ち合わせした方が信頼度もアップします。

 

ここで東京都内のおすすめバーチャルオフィスのご紹介です。
バーチャルオフィスを料金とサービスのコストパフォーマンスで選ぶなら
東京の池袋にあるバーチャルオフィスのオフィスナビがおすすめ

 

こちらは月額料金なんと2100円から。先ほど紹介した会議室等のサービスもついています。